内祝いの費用相場

内祝いは一般的にいただいた金額の半額から三分の一程度の品物を返します。多すぎても少なくても失礼に当たるので注意しましょう。

内祝いにおすすめのお菓子ランキング

no.1

日持ちする焼き菓子のセット

嫌いな方も少なく、個包装されていることが多いのでもらっても迷惑になりにくいお菓子です。

no.2

一家の人数が少ないならプリン

単価が高くなりがちですが、ビンに入っていることも多く、見た目から高級感を演出できます。

no.3

和菓子ならひとくちようかん

消費期限が近いイメージのある和菓子ですが、ひとくちようかんであれば2週間程度は持ちます。

no.4

誰でも食べられるバウムクーヘン

ご高齢の方から小さな子どもまで皆に愛されるお菓子です。原材料や焼き方にこだわるため素材の味が楽しめます。

no.5

お任せのスイーツアソート

様々なお菓子の詰め合わせになるアソートは、何が入っているのか分からないので開ける楽しみがあります、

女性

ギフトを贈る対象を考える

結婚祝いや出産祝い、おめでたいことがあるたびにお祝いをもらう機会も増えます。日本人のマナーとして忘れてはいけないことは、内祝いをお返しするということです。内祝いを選ぶ際に気をつけたいことは、お祝いを頂いた対象に合わせたギフトを贈るということです。通販サイトでは、内祝いと検索するだけで様々な商品が掲載されています。また、年齢別や家族構成などによって適当な商品が紹介されているため、参考にしながらギフトを選ぶこともできます。ただし、数が多くなると内祝いのギフトを選ぶのも一苦労です。そこで便利なのが、カタログギフトです。カタログギフトサービスとは、様々なギフトが掲載されているパンフレットを見て選べる仕組みです。

価格で選べる贈り物

重要なことは、結婚祝いなどの際にどれくらいの価格帯のお祝いをもらったかという点です。近頃はインターネットで検索すれば、すぐに価格がはっきりわかるようになっていて贈り物の価格を把握するのに便利です。そのうえで、内祝いは半返しが基本になるため、もらった贈り物の半額程度のものをお返しするようにします。デパートでも内祝い向けのギフトの取り扱いが充実していて、金額に合わせて選べます。また、店員さんに相談するのも良いでしょう。